全身疾患に強い「整体」

全身疾患に強い「整体」

全身疾患に強い「整体」

 もちろん、明確に「患部」があって、その部分が他の部分に何らかの悪影響を与えていたり、痛みを発生させていたりすることもありますが、その逆が常に「真」であるとは限らない部分もあるのです。

 

 

 

たとえば、どこかが痛いということで、お医者さんにその部分を診てもらっても、その部分は何も悪くなかったというケースは決して珍しいことではありません。
ただ、その部分が痛くなる原因が別にある、ということはほぼ間違いないでしょう。

 

 

 

 しかも、その原因が多様である場合、これはその患部を指して「○○症」などと呼ぶのではなく、あくまでも「全身疾患」としての扱いになることが多いです。そして、そういう症状にめっぽう強いのが、「整体」なのです。
 というのも、全身疾患の代表的なものとして挙げられるのが、「血行不良」ですが、これは、血管や血液自体に問題があるケースと、血管が通っている周辺の筋肉に問題がある場合とがあります。
もちろん、血管や血液自体に問題があるのであれば、それはそれで治療が必要ですが、筋肉に問題がある場合には、今度はその原因を新たに追求していく必要が生じるわけです。

 

 

 

 その際に一番大きな原因になっているのが、「骨格形成異常」なのです。
だいたいの場合、背骨の形成から異常がある場合が多いです。そうなってくると、これは完全に外科的分野の異常が原因となって、内科的分野の不具合を生じさせていることになります。
その、外科的分野の異常を修正することができるのが、近年注目を集めている「整体」なのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ